コニカミノルタ科学技術振興財団 JAMITハンズオンセミナー

深層学習の環境は年々変化しています.定期的に潮流を眺めサンプルプログラムに触れると,実験環境の構築から実験方法を再確認できます.恒例となりつつあるハンズオンセミナーは,ハンズオン資料に基づいて参加者のPCに環境を構築し,すぐにでも実験ができる環境を提供します.2022年度は,PyTorchの利用を中心として,DICOM画像の取り扱い,ROC解析などの統計的な手法を用いた評価も取り扱います.いずれも入門から中級程度の課題を用意し,深層学習を利用した実験の流れを実践的に習得します.セミナーでは課題1から課題5を用意します(各回90分).ご興味ある課題を自由に受講ください.それぞれ受講人数を30名に制限します.なお,ハンズオンの参加にはJAMIT2022大会への登録と,ハンズオン専用ページから別途参加登録(7月1日開始)が必要です.当日は,コンピュータの持参が必要です.事前に持参するコンピュータに環境を構築してください.GPUは不要ですが実質的に動作しない課題があります.詳細はハンズオン専用ページをご覧ください.

課題1:深層学習ことはじめ:入門編(7/29午後)
課題2:画像の分類と回帰(7/30午前)
課題3:物体検知と領域分割(7/30午後)
課題4:異常検知とフェイク画像の生成(7/31午前)
課題5:自然言語・音声解析入門(7/31午後)
(内容は変更となる場合があります)

開催形態・会場

ハンズオンセミナーは,会場内の1部屋を利用して対面形式で実施します.事前に公開するセットアップ資料と題材に基づいて,セミナー開催までにご自身のPCに環境を構築して,そのPCをご持参ください.もしくは会場に持参したPCから環境構築済みのPCへリモートログインできるようご準備をお願いします.会場内では無線LAN形式でEduroamによるネットワーク接続が可能です.ご自身でEduroamアカウントの確認,接続するPCの設定をお済ませください.PCの電源アダプターや増設コンセント類はご持参ください.

参加登録

7月1日からJAMIT2022大会ページにあるハンズオンセミナーへのリンクから参加申込を開始します.
ハンズオンセミナーへの参加には,JAMIT2022大会への参加登録が必要です.

スケジュール

7月1日 参加登録開始
7月20日 セットアップ資料の公開
7月25日 セミナー資料の公開
7月29~31日 ハンズオンセミナー開催
7月29日 16:10~ 課題1
7月30日 8:30~ 課題2, 16:30~ 課題3
7月31日 8:50~ 課題4, 14:30~ 課題5

各回の予定:90分

00:00~00:05 達成目標の確認
00:05~00:10 プログラム実行のデモ
00:10~00:30 自分のPCでの実行確認
00:30~00:50 プログラムの説明,GPUとの比較
00:50~01:10 結果の確認/評価方法
01:10~01:20 自分の結果の再確認
01:20~01:30 問題点洗い出し/質疑応答/まとめ

運営スタッフ

原  武史(岐阜大学)
小野 昌宏(名古屋大学)
滝沢 穂高(筑波大学)
中田 典生(東京慈恵医科大学)

協力

本セミナーは,コニカミノルタ科学技術振興財団の支援を得て実施しています.また,岐阜大学人工知能研究推進センター,東海国立大学機構医療健康データ統合研究教育拠点の協力で実施します.