ご挨拶

大会長ご挨拶

森健策

JAMIT 2022大会開催にあたり

COVID-19の影響が全世界に広まり、学術分野においても様々な影響がもたらされています。学会活動もその最たる例であるとも言えます。JAMIT大会もその一つであり、学会員の皆様、参加者、そして、企業展示の皆様などとの間のコミュニケーションが制限される日々が続いております。

COVID-19の診断治療方法の確立も医工学分野における重要な課題でもあります。医用画像工学は、肺炎の診断や治療方針の決定などにも大きく寄与する学問分野でもあります。人体内部を画像としてとらえるイメージングとそれを処理するコンピューティングは、医用画像工学におけるコアな領域であるといえます。

そこで、JAMIT 2022では、「コンピューティングとイメージングが切り拓く新たな医用画像工学」として、イメージングとコンピューティングがどのようにして新たな医学的価値を生み出すかを皆様と議論できるような機会としたいと考えております。イメージングとコンピューティングの両面から、特別講演、ミニシンポジウムなどを構成するように鋭意準備しております。また、今後のJAMITを支える若手研究者によるセッションなども企画しております。

COVID-19の感染状況がどのようなるのか、まだまだ分からないところがありますが、2022年7月に名古屋大学豊田講堂にて皆様にお会いできることを楽しみにしています。

2022年2月

第41回日本医用画像工学会大会
大会長 森  健策
(名古屋大学大学院情報学研究科教授/名古屋大学情報基盤センター長/
国立情報学研究所医療ビッグデータ研究センター長)